今すぐ水漏れ修理業者に相談
2019年3月31日

天窓の施工してある屋根の雨漏り修理

天窓が屋根に施工してあると、窓枠から雨漏りしてしまう場合があります。

防水性が弱まっているのが原因なので、防水性を回復させるのがポイントです。天窓の雨漏り修理で気をつけたいのは、防水シーリング剤で隙間を埋める施工が通用しにくい点です。屋根材の亀裂であれば、防水シーリング剤を塗布すれば補修できます。防水シーリング剤は応急処置として利用される雨漏り修理ですが、小さな亀裂であれば効果は持続します。天窓の場合は、開閉できる状態を維持しなければなりません。天窓の窓枠が傷んでいないかチェックしてもらいましょう。

天窓の窓枠が傷んでいるときは、窓枠をまるごと交換するリフォーム方法があります。木製の窓枠と金属製のサッシは、わずかな隙間でも発生してしまうと雨水が入り込んでしまい、入り込んだ雨水が木製の窓枠にダメージを与えます。長い年月の間に木製の窓枠が腐敗と乾燥を繰り返して、隙間が大きくなっていきます。目に見えないくらいの亀裂でも、雨漏りは発生します。

天窓の窓枠の交換は屋根を傷めませんが、雨漏りしたままの窓枠を放置してしまうと、やがて周辺の屋根材にも侵食が進行します。雨漏り修理は、被害が小さいうちに対応するのがベストです。いつかやろうとするよりも、気づいたときに工務店に連絡し増しよう。応急処置で済ませるか、窓枠を交換するのかなどの判断も、信頼できる工務店にアドバイスしてもらうと良いでしょう。天窓は自己判断よりも、専門家のアドバイスが的確です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *