今すぐ水漏れ修理業者に相談
2019年8月15日

水道メーターでトラブルを箇所を判断する

水道料金の大きな変動があった場合には、水道メータで判断することができます。

水道メータは、料金を検針するメータがボックス内に設置されており、立方メートルの数値盤とリットル針とパイロットがあります。

パオロットで漏れの有無を判断することができます。室内の蛇口をすべて閉じている状態し、パイロットが回転している時は、検針から先の配管のどこかに漏れが起こっている可能性がありますので、トラブル箇所を特定するします。考えられる場所としては止水栓、トイレ、風呂場、キッチン、洗濯機、などといったところの確認です。トラブルの箇所が止水栓の場合には、自己対応せず業者に相談しすることです。

トイレのチエックは便器内にチョロチョロ流れている場合には、バルブやタンク内部品の劣化などによる故障している可能性がありますので部品を交換が必要です。風呂場のチェックはシャワーや蛇口からの漏れの有無を確認します。シャワーは蛇口の操作をしなくても持ち手部分で止めるボタンでとめることができますが、不具合や劣化などでチョロチョロ漏れていることもあります。キッチンのトラブルは、コマの劣化や不具合をしている場合、蛇口操作や部品交換が必要です。洗濯機のトラブルは、ホースの破損や接続部を確認します。庭先などに設置したバルブ周辺のホースに取り付けたシャワーヘッドをチェックします。漏れのトラブル箇所が分からない場合には、業者に調査を依頼し早めの対応が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *