小型船舶免許のメリットと取得方法

小型船舶免許はレジャーには欠かせない資格となっています。昔は不要だったことが必要となる場合があるので規格をよく確認してから使うことが重要です。特にゴムボートにエンジンを積んで魚釣りなどを楽しむ場合は、エンジンの大きさによって資格に有無があります。そして、小型船舶免許には種類があるので自分が運転したい船によって取得することになります。

例えばもっとも簡単な水上オートバイであれば、特殊小型でいいのです。大きさや用途で大きく変わってくるので確認が重要となるのです。また年齢もあり、自動車と違って15歳から受験することが出来るので確認が必要となります。免許取得はスクールでの申し込みからスタートとなるのです。

法令と実技トレーニングを学んだあとテストを実施していきます。特殊小型が一番簡単で、知識の範囲量が少なくて実技も簡単です。1級となってくると取り扱う船の大きさや知識の範囲が大きくなってくるため勉強量とテクニックが求められるのです。特に、小型船舶ではロープの結び方や接岸テクニックが重要とされます。

救命救急の知識も必要となります。特殊からだんだん取得していく場合は免除科目などがあり簡素化されていることも特徴的となるのです。スクールによって料金やカリキュラムの進め方が若干異なるため比較検討することが重要となります。教え方が上手であったり、ノベルティーを配布したりなど小型船舶免許はユニークなものがあるのです。