小型船舶免許を持つ人は安全確認が義務

基本的に小型船舶免許を取得して操縦するときに禁止とされているのは、酒酔い運転などの事項です。正常な操縦ができないような恐れのある状態にならないようにすることが重要とされているため、注意が必要となります。ただし、お酒だけではなく薬物の投与などに関しても正常な操縦ができない恐れのある場合には、運転をしてはいけないといわれていますので、薬物の副作用などに注意して操縦することが必要です。事故を起こしてしまいそうな運転をする行為は避けたほうがいいといわれているため、注意してください。

乗る前に点検を行うところは車もボートも一緒です。乗る前に必ず安全性を確認してから出港することが、安全を確保するために必要です。平成30年2月1日から船に乗る時には救命胴衣の着用義務がなされるようになりました。小さな子供であっても小児用の物が存在しているため、必ず用意して利用することが重要となります。

子供は年々大きくなるため、子供のサイズに合わせて的確な物を選ぶことが重要です。必ず安全をよく確認して運転することが、小型船舶免許を持つ人の義務となります。安全をよく確認できるように実践的な部分を確認し、家族などで小型船舶免許を持つ人が運転する場合は楽しい旅行をすることが必要です。友人同士の旅行であっても、子供たちとの家族旅行であっても同様となります。

安全を確認して楽しく運転するための免許であることは事実であるため、よく安全確認を忘れないようにしてください。小型船舶免許のことならこちら