特殊小型船舶免許の取得方法について

船舶免許には一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士の3種類があり、それぞれ操縦できる場所やボートの大きさなどが異なります。一級小型船舶操縦士は小型船舶免許の中でもトップクラスのもので、操縦できる範囲も無制限となり、スポーツフィッシングや外洋セイリングを楽しみたい人にも最適です。二級小型船舶操縦士は海の普通免許とも呼ばれていて、最もポピュラーな船舶免許となります。フィッシングやクルージングなどのマリンプレイをしたい人が取得しているケースが多いです。

また、二級小型船舶操縦士の免許には湖川小出力限定免許もあり、操縦できるのは湖と川のみとなり、湖でのバスフィッシングをする時にも使えます。一方で、特殊小型船舶免許は水上バイク免許やジェットスキー免許とも呼ばれていて、水上オートバイをはじめ、ウェイクボードやジェットスキーをしたい人であれば、この免許を取得しておけば大丈夫です。教習所で特殊小型船舶免許を取得するためには、小型船舶の船長の心得や遵守事項について学ぶ学科教習を受けて、船長としての基本ルールや交通ルールについて学習します。その後実技教習に進んで小型船舶の取り扱い方や点検方法などを学習したり、危険回避や万が一の人命救助についても学びます。

国土交通省登録の教習所であれば、規定時間の教習を受けると国家試験に準ずる修了審査を受けたことになり、国家試験が免除されると共に、身体検査は身体検査証明書の提出で済むためスムーズです。