小型特殊船舶免許を取得して水上バイクに乗ろう

水上バイクに興味がある方は必見です。まず後ろに乗せてもらった体験が忘れられないという方は、自分で操縦してみたいという事になりますと船舶免許が必要になります。後ろに乗るのは誰でもできますが、操縦するときには小型特殊船舶免許が必要になり、この免許は意外とさくっととれますのでまずは免許取得に関しての情報リサーチから始めていきましょう。教習所で講習を受けて試験を受けるという流れです。

多くは2日間コースで設定されていますので、週末などを利用して取ることになりますが、日程は色々設定されていますのでそれぞれの教習所でチェックしてみてください。自動車教習所よりもかなり数は少なくなりますので、近くにはないことも有りますが、大体は海や水辺などで行われます。船舶免許というと小型船舶免許は1級2級とあり、海里の違いになりますが船を操縦できるようになります。しかし船自体が高額なものですし維持費もかかりますので富裕層の楽しみという印象もあるかもしれませんが、水上バイクであればレンタルすれば結構敷居も高くありません。

所有することになりますと、中古でそんなに高くないとしても、自宅保管するとしたらトレーラーも必要ですし、艇庫に保管するとなると停泊料金もかかってきます。ランニングコストもかかりますし、乗る頻度を考えてレンタルの方が安くなることも有りますので要チェックです。まずは情報をリサーチすることから始めて、二ーズに合わせて利用します。