船舶免許の種類と違い

海でのレジャーやスポーツを楽しみたいという方におすすめなのが船舶免許です。船舶免許は主に3つの種類があり、それぞれ特徴が違います。取得する際は、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。1級小型船舶操縦士は、小型船舶の中の最上級免許で航行区域に制限がないので、自由に世界中の海を操行することができます。

ただし、一部条件があり、エンジンにトラブルが起きた際にも対処できるように海岸から100海里以上を航行する際は、一定の資格を持った人を乗船させる義務があります。取得できる年齢は満17歳9ヶ月からとなっており、総トン数20トン未満、全長24m未満の船舶の操縦が可能です。2級小型船舶操縦士は、船舶免許の中で最もポピュラーな免許となっています。海岸から5海里以内の航行が可能となっており、満15歳9ヶ月から取得可能です。

総トン数20トン未満、全長24m未満の船舶の操縦が可能ですが、18歳までは総トン数5トン未満と制限が設けられています。フィッシングやクルージング、ウェイクボードなどのマリンスポーツを楽しむのにおすすめな免許です。特殊小型船舶操縦士は水上バイク免許とも呼ばれており、水上バイク専用の免許となっています。1級や2級の船舶免許を持っていてもこの免許がなければ水上バイクの運転はできないので、注意が必要です。

湖岸または海岸から2海里以内の操行が可能となっており、2級と同じく満15歳9ヶ月から取得可能となっています。