小型船舶免許について

小型船舶免許には1級小型船舶免許と2級小型船舶免許と特殊小型船舶免許があります。1級と2級はいずれも総トン数20トン未満の船舶の操縦が可能となっており、1級は一部例外を除きすべての海域での航行が可能です。また、2急は海岸より5海里まで航行できる免許となっています。特殊小型船舶については海岸より2海里の航行が可能となっており、ジェットスキーや水上バイク専用の免許となります。

例えば自動車免許の場合は普通自動車免許を持っていれば原付バイクの運転も可能となりますが、船舶の場合はそのような規定はないので注意が必要です。たとえ2級免許を持っていても水上バイクやジェットスキーを操縦する場合は、改めて免許を取得する必要があります。船舶免許の取得条件については、1級が満18歳、2級と特殊船舶が満16歳からとなっています。また、視力、色覚、聴力の身体検査も義務付けられているため、一定の条件を満たさなければなりません。

この資格は国家資格なので免許を取得するためには国家試験の受験が必要です。試験内容は学科試験と実技試験に分かれており、内容は免許の種類によって異なります。また、国土交通省が認定した登録教習機関で指導を受けて場合は国家試験が免除され、教習後に行う終了審査に合格すれば免許が取得できるシステムとなっています。取得した船舶免許には有効期限が設けられているためその期限を過ぎると免許を失効しますが、期間内に更新手続きを行うか失行後に再交付講習を受ければ再び免許を取得することが出来ます。