リゾート地で役立つのが小型船舶免許

沖縄や八重山、または奄美大島のことを総じてリゾート地と呼んでいます。国内以外ではハワイやグアム・サイパンですが、これらに共通しているのは南国の海に囲まれた島という点でしょう。国内では年間を通して多くの方が旅行に行かれており、その目的地として人気があるのが南国です。平均気温が24度以上という過ごしやすい一帯で、年間を通してマリンスポーツに興じることもできます。

これから観光でこの島々に行こうという方も多いでしょうが、その際は可能であれば小型船舶免許を取得することをおすすめします。理由は、友人同士や家族で思う存分海を楽しめるからです。例えば海水浴をするにしても、浜辺で遊ぶより沖合に出た方がほかの人々と鉢合わせをすることはありません。釣りでも同様で、大物を手に入れるチャンスもあります。

沖縄県の宜野湾などでは、小型クルーザーをレンタルできる専門ショップがたくさんあるのがポイントです。10トンから50トンクラスのもので構成をされており、小型船舶免許を所有していれば簡単にレンタルをすることができます。小型船舶免許なら2日程度の講習を受けることでライセンスを取得できるため、さほど難しいものではありません。新婚旅行などでも人気となっている一帯でもあり、小型船舶免許があれば海上で披露宴などを実施することも可能です。

20万円程度で免許を取れる点も魅力で、幅広い年代におすすめできるのが小型船舶免許になります。