小型船舶免許が必要となる条件

海や湖を移動する方法はいろいろとありますが、泳ぐようなことでもある程度の距離は移動することは可能です。ただ泳いで移動するには水泳のスキルを手に入れないといけませんし、そもそも相当な体力がある人でないと長距離の水泳はリスクにしかなりません。そのため安全に移動する手段として、ボートやヨットなどを利用することになりますが、一定の条件に達するボートなどを操縦するには小型船舶免許を取得しないといけないです。ただ小型のヨットや手こぎボートなどで推進機関のない船である場合は小型船舶免許は必要ないので、誰でもすぐに乗ることができます。

勿論小型のヨットや手こぎボートを操縦してはいけないような場所であれば、免許の有無に限らずに乗ってはいけないです。また推進機関つきの船の場合でも、免許が不要なレベルのボートを操縦する場合は免許は取得しなくても合法的に乗ることはできます。免許が不要なレベルのボートは動きが遅いですし、ボートのサイズも小さくなりますから、基本的には小型船舶免許を取得して快適に移動できるボートを運転したほうが安心です。小型船舶免許は国家試験に合格しないと取得することはできませんから、専用の教習所に通うことによって効率的に取得していくことができます。

また小型船舶免許にも種類が存在しますから、取得した免許の種類によって操縦できる船のサイズや移動できる海域などに違いがあります。そのため各自の希望にあった、免許を取得していかないといけないです。